ペット葬儀に関する情報が満載!

ペット葬儀に参列する時の服装

ペット葬儀は近頃ではよく選択されています。
家族だけでということも少なくありませんが、生前からかわいがってくれた人にお声掛けするのも増えてきました。
しかし「ペット葬儀に参列したという人にはまだお目にかかったことがない」という人が、今のところは大半かもしれません。
いざ声を掛けられた時にまず「服装」で迷うことでしょう。
人間の時のように喪服にこだわることはないと一般的に言われています。
ただし飼い主の気持ちを尊重し、トーンを抑えて光りもののアクセサリーなどは用いない配慮は必要です。
人間のお葬式でもそうですが、服装を含め、遺族の気持ちを汲む姿勢が必要です。
ペット葬儀も同じで、あまりに不遜な振る舞いや服装は、悲しみに沈んでいる相手を更に傷つけてしまいます。
他者から見るとペットでも、飼い主にとっては人間の家族と同様です。
その気持ちがペット葬儀となって表れています。
なお御香典についてはお包みせずに、好きだったペットフードなどを持参するといった人が多いようです。

ペット葬儀のときの服装マナー

ペット葬儀のときには、どんな服装がいいのでしょう。
風習や決まりなどは特にありません。
身内だけの場合は、喪服でももちろんいいですが、あまり派手でない普段着でもいいでしょう。
あまりかしこまらず、ペットに普段接していたときの服装のほうが、ペットも見慣れたもので落ち着いていいという人もいます。
もし、知人や親戚などにペット葬儀に呼ばれた場合は、派手な服装やカジュアルすぎるものは避けましょう。
スーツまでは必要ないかもしれませんが、明るい色は避け、黒、グレー、紺などを着用したほうが無難です。
喪主などペットの飼い主や葬儀の主催者に、どんな服装がいいか聞けるなら聞いてみてもいいですね。
数珠や香典なども必ずしも必要ではありませんが、花やペットが好きだった食べ物などを持参して、哀悼の意を表すのもいいでしょう。
ペット葬儀と言えど、飼い主は家族同然で過ごしたと思われますので、失礼のないように、静かに見送ってあげたいですね。

pickup

群馬 注文住宅

Last update:2017/6/22

このページのTOPへ

Copyright © 2009 ありがとうと共に送るAll Rights Reserved