ペット葬儀に関する情報が満載!

ペット葬儀はどんなことをするのか

人間と同じように家族の一員として愛されているペットは、犬やネコに限らず近年はハムスターやウサギなどの小動物に加えて爬虫類など幅広い種類の動物がペットとして飼われています。
そして大事なペットが寿命を全うした時には、人間と同じように見送ってあげたいと考える人が多いため、近年ではペット葬儀と呼ばれるペット専門の葬祭サービスを利用するケースが増えています。
ペット葬儀ではどんなことをするのか分からないという人もいますが、ペット葬儀と呼ばれるだけで実際には人間の葬儀と同じような流れで行われるとイメージしておけば良いでしょう。
まずペットが亡くなった場合は専門業者に引き取りの電話をかけるか、自分からペット葬儀専門の斎場に亡骸を運びます。
事前に電話で予約をしておけばスムーズに話が進むでしょう。
その後ペット専用の焼却炉などで亡骸を火葬し、希望であれば骨上げをして遺骨や遺灰を骨壷に納めます。
その後お墓を建てたり、合同の供養塔に骨壷を収めたりするケースもあれば、自宅に骨壷を飾るケースもあります。
仏壇が必要だと感じる人であれば人間と同じように仏壇を飾るケースもあるため、ペット葬儀で大事なことは自分が望む弔い方法を行い、悔いの無い供養をしてあげることでしょう。

ペット葬儀で大切なペットを弔う

大切なペットを人間と同じように弔ってあげたいと、ペット葬儀を望む方が増えてきています。
また、ペット葬儀を行ってくれる専門業者も多くあるので、希望にかなうところを選んでお願いすると良いでしょう。
「ペットのために葬儀なんて」と言われる方もいるかもしれませんが、今やペットは家族の一員として重要な役割を果たしてくれています。
人間であれば、亡くなった後通夜・葬儀・その後の法要などをほかの人と共にすることで心の整理がつき、死を受け入れることができます。
ペットの場合は、その死を受け入れることができずに「ペットロス症候群」になってしまうことがあります。
ペットロス症候群は精神的な病気というわけではありませんが、うつ症状や食欲不振、不眠などの身体的・精神的な不調があらわれるものです。
喪失体験をしたことがある人なら経験があるのではないでしょうか。
ペット葬儀を行い、ペットの最後を愛情と感謝をこめて弔ってあげることで、心の整理がつき死を受け入れることができ、ペットロス症候群を乗り越えることができます。
家族同然のペットの最後のために、望み通りの葬儀を行ってくれる業者を選びましょう。
そのためにも、理想のお別れを明確にイメージしておくことが大切です。

注目サイト

福岡のホームページ製作
http://www.dt-media.jp/
実用新案登録出願
http://www.tokyo-kaneko-po.com/
開業祝い 胡蝶蘭
http://kochouran-tg.jp/item/scene01.html
不用品処分 東京
http://www.a-you.info/
群馬 工務店
http://www.shikinosumai.net/
医学部 予備校
http://www.ishin-kai.info/
クラTの作成
http://www.zeroone.co.jp/

2016/8/1 更新

このページのTOPへ

Copyright © 2009 ありがとうと共に送るAll Rights Reserved